スタッフブログ

2020年07月06日

お薬の値段

 皆さんこんにちは。副院長の福です。

 東京では新型コロナウイルス感染者が、毎日百人を超える勢いで発生しています。一体、今後はどうなるのでしょうか。皆さんも、感染予防には十分注意してください。

 今回の話は、皆さんには直接には関係ないかもしれませんが、ちょっと気になったのでお話しします。

 5月13日に「ゾルゲンスマ」というお薬が認可されました。この薬の薬価が、一治療当たり1億6707万7222円という過去最高額でした。薬価とは、薬の公定価格ですから、ゾルゲンスマを一回使うと1億6700万円ちょっとがかかるという事です。

 一体何の薬かというと、脊髄性筋萎縮症という病気の薬です。脊髄性筋萎縮症は運動神経が変性、消失し、筋力低下と筋萎縮をきたす病気です。最も重症の乳児型は支えなしで座れず、ハイハイもできず、平均余命は2歳未満と言われています。

 日本の脊髄性筋萎縮症の患者数は、人口10万人に1.2人、全体で1500人程度とされています。出生1万人に0.6人生まれるとされ、現在日本では毎年50人ほど生まれる計算です。

 私が医者になったころは、脊髄性筋萎縮症との診断は「死の宣告」とまで言われていましたが、ゾルゲンスマの登場によりこの病気の治療が大幅に変わってきます。早期に発見し、早期に治療開始すれば神経細胞の変性も軽微で済み、より正常に運動機能が発達します。

 しかもゾルゲンスマは、一回の投与で、効果は理論上は一生続くと考えられています。なぜこんなことが可能かというと、ゾルゲンスマは、脊髄性筋萎縮症では正常に機能していない遺伝子に代わって、正常な遺伝子を直接運動神経の細胞に組み込んでしまう画期的な遺伝子治療薬なのです。この病気を持つ患者さんとそのご両親にとっては、まさに夢の薬なのです。

 しかし、夢の薬のお値段が1億6700万円とは!皆さんは高いと思いますか?安いと思いますか?

 それではまた。

 

 

2020年07月04日

梅雨時の悩み

こんばんは(^_^)

ドライバーのアマガイです!

ここ数日は梅雨らしい蒸し暑さの日が続いていますね。体調には気をつけてください。

さて、梅雨時の悩み事と言えば洗濯物が溜まってしまいますよね。

時間があればコインランドリーに出掛け乾燥機にかけて乾かして来るとか時間が無い時には溜まってしまいます。そんな時には部屋干しをするしかないし部屋干しをした所でもなかなか乾きが悪く何日か部屋の中に干したまま(泣)

洗濯物には困ってしまいます。

早く梅雨が明けて天気の良い日が続いてもらう事を祈り少しは楽になりたい今日この頃です。

2020年07月03日

テイクアウトランチ

こんばんは。今日は梅雨の中休みで、いい天気になりましたが、暑かったですね💦

さて、緊急事態宣言が解除になり約1ヶ月経ちましたが、みなさんはどうお過ごしですか?

私は先日久しぶりに友達と会いました。外でランチと思ったのですが、我が家で焼き肉屋さんのお弁当をテイクアウトして食べてました。外出自粛中、いろいろなテイクアウトをしましたが、一番リッチなテイクアウトで、久しぶりの焼き肉・友達と会ってのランチだったので、美味しかったです。

自粛になるまでは、毎週会っていた友達なので、久しぶりに会っていろいろな話をしたり、SWITCHでゲームをしたり、楽しい一日でした。

今回は家でしたが、少しずつ外で会う機会を増やせていければと思います。

事務 赤坂

2020年06月29日

初めまして🌼

こんばんは!

5月に入職致しました

松本彩と申します。

縁あってこちらで働かせて

いただくことになりました。

医療関係の仕事は未経験なので、

至らない点も多々あるかと思います💦

ですが、1日も早くお役に立てるよう努力致します!

何卒よろしくお願い致します🌼

2020年06月27日

給付金で

皆さん給付金の使い道は決まっていますか?

我が家ではずっと放置していた庭を綺麗にしようと、人工芝を買う資金にしました。

と言っても給付金が支給される前にフライングで買ってしまいましたが。

来月2歳になる孫もトコトコ走り回るようになって、遊べる庭にしたいねと、ステイホーム中の5月の日曜日、旦那と2人で丸一日汗だくになりながら敷きました。

今の人工芝は、枯れた色も混ざってリアルです!

細かいところはまだですが、早速すべり台と砂場を購入して孫と遊びました。

朝カーテンを開けると綺麗な緑が見えて、やってよかったなと思います。

夏はプールを出したり、と楽しみにしています。

看護助手 東でした。

2020年06月22日

掃除

コロナ禍の中休日も自宅で過ごす事が多くなり、家の中や庭など普段やらない所も掃除をしました。

特にテラスは、何度掃除してもいつも余りキレイにならず…手を変え品を変えて色々トライしていましたが、中々手強く満足出来ぬまま…

諦めかけていた所Youtubeで見つけた掃除方法…でLet’s try

結構満足出来る結果になりました!!

看護師、:茂木

2020年06月20日

昆虫採集

こんにちは!

リハビリ松本です⭐️

ここ最近気温が高い日が増え、我が家の息子達は大好きな昆虫採集に奮闘しています😁

もともと虫が苦手だった私ですが、今では息子達に負けないくらい昆虫採集を楽しんでいます🎵

もう少しで梅雨も終わり、本格的な夏がきます‼️

今年はカブトムシやクワガタをエサを仕掛けて捕まえてみたいと思っています⭐️

何処かオススメの場所などありましたら是非教えて下さい‼️

こんばんは、リハビリテーション科の力丸です。

突然ですが、水族館っていいですよね。私も年1くらいは水族館に行ってると思う…多分。本当はもっと色んな地域に足を運んで、その地域の特色を探してみたいんですよね。水族館って沢山の種類の魚だったり、イルカだったり、ラッコとかアシカとかいると思うんですけど、私が一際、目を惹かれる水槽がサメの水槽で。

サメのイメージってどんなの思い浮かべますかね?凶暴とか怖いとかが多いんじゃないでしょうか。まあ、そういう凶暴なのもいますが、ジンベイザメはそんなことなくて性格は温厚で人が近づいても襲う危険性は低いそうです。日本でジンベイザメが見れるのは大阪の海遊館と沖縄の美ら海水族館だったかな?後は最近ニュースになった幻のサメ、メガマウス。太平洋とかインド洋などの深い海に生息する口が大きいのが特徴のサメ。東京湾の沖合で生きたまま定置網にかかってたのが発見されましたよね。顔は少し怖いけど、泳いでるとこはめっちゃかっこいい。

まあ、小さい頃がサメ好きで大洗水族館が日本で1番種類が多いんですよね。確か。親によく連れてって貰いました。サメの水槽の前でずっと見てられるくらいには好きです。そんな私が最近知った事なんですけど、サメって止まると死ぬって知ってましたか?私は知らなかったです。マグロやカツオは止まると死ぬって言うのは知ってたんですけどね?

サメの中でもホオジロザメ、イタチザメ、メジロザメこの3種類が泳ぎ続けないと死んでしまう回遊魚に当たるそうです。何故か…、広大な海を泳ぐ回遊魚は自分の意思でエラを動かすことが出来ないため泳ぐ事で海水を口から入れてエラで酸素を補給し呼吸するから。つまり、泳ぐ事が出来なくなると酸素が取り込めなくて呼吸困難になっちゃうってことですね…。まじで、初めて知った。

まだ生きて来て23年しか経ってないですけど、知ってる様で知らないことってまだまだ沢山あるんだなって、そういう発見とか気付きとかを大切にしていこうと思う今日この頃です。

2020年06月14日

自粛中に読みました

 皆さんこんにちは。副院長の福です。

 外出自粛も解除されて、あちこちでお店も開くようになりましたが、まだまだ感染拡大が気になります。マスクとソーシャルディスタンス維持は続けましょう。

 外出自粛といっても、当院ではいつも通りやっていたので、お休みが増えたわけではありません。でも、休日は家にいることが多かったので、読書が進みました。

 外出自粛中に読んで、これは面白かったという本を幾つかご紹介します。

 最初は、伊東潤さんの『茶聖』です。「茶の湯」を完成させ、天下人の豊臣秀吉を支える一方の柱となり、権勢を振るった千利休ですが、秀吉との確執から、ついには自害することとなります。二畳の茶室で繰り広げられる緊迫の心理戦。利休は、そして秀吉は何を目指したのか。519ページの大作ですが、一気読みの面白さです。

 次は、木内昇さんの『万波を翔ける』です。攘夷の嵐が吹き荒れる幕末に、新たに作られた部局で、近代外交の礎を築いた幕臣たちの物語です。幕末は薩長の側から描かれることが多いですが、幕府側の、しかも下っ端の幕臣の成長と活躍を描いた快作です。

 次は、ちょっと異色の作品です。何が異色かというと、栃木県さくら市とのコラボレーション企画で生まれた小説です。神家正成さんの『さくらと扇』です。関東公方の足利氏を存続させるため、豊臣秀吉相手の女の戦いを描き、喜連川の由来と、喜連川藩の成立の過程を美しく描いています。足利市民としても、とても興味のある内容です。

 歴史小説ばかりになりましたが、私の好みという事でご勘弁ください。

  外出自粛は解除されましたが、今度は梅雨入りしたので、雨で外出が少なくなりそうです。雨の夜は本でも読んでください。それではまた。

 

 

2020年06月11日

これからの過ごし

こんにちは

最近コロナウイルス関連の規制も徐々に解除され、様々な店が通常営業を初めて来ています。

私はどちらかといえば体力があるうちは外出して友達と遊ぶタイプの人間なので、この自粛期間はなかなか憂鬱とまではいきませんが、少し物足りないと感じる日々を送っていました。

とは言うものの家の中でもやりたいことをやっていたこの期間はある意味、普通に過ごしていたら無かった時間であり、今思えば悪くない聞かんでした。

これからは感染対策をしっかりとし、今までの運動不足(外出していない期間全く動かなかったため)も解消して行ければと思います。

事務のカマチでした

  • 診療案内
  • アクセスMAP
  • ピアス穴あけ
  • 男性型脱毛症
  • 各種予防接種
  • 花粉症治療
  • ED治療薬に
  • 美容点滴5種
  • ニンニク注射
  • プラセンタ注射
  • スタッフ紹介
  • 院長挨拶
  • カイロプラクティック
  • サプリメント
  • 院内コンサート
  • 院長からの情報発信箱
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • ボヌール
  • プラウド