スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 満月と狼?
2020年11月01日

満月と狼?

 皆さんこんにちは。副院長の福です。

 皆さんも今夜は空をみてください。見事な満月です。満月といえば、皆さんはなにを思い出すでしょうか。ウサギですか、雁でしょうか、やっぱり狼でしょう。

 月に向かって吠える狼のイメージは、何やら強烈なインパクトがあります。日本では既に狼は絶滅していますが、映画や小説の世界では、「人狼伝説」はまだまだ人気のあるテーマです。

 狼とは少し違いますが、犬と月に関する面白い研究を見つけました。それは「犬咬傷」と「月齢」の関係を調べた調査です。「咬傷」とは動物に咬みつかれた傷のことです。「月齢」とは月の満ち欠けを数字で表したもので、新月が0、満月が14.7です。ちなみに、今日の月齢は14.3だそうです。

 この研究によると、犬咬傷は満月の時期に有意に多くなるそうですが、猫咬傷は月齢との関係はないそうです。満月に興奮するのは犬だけのようです。

 満月の時期には犬に餌をやったり、散歩に連れ出す際には、十分に注意してくださいね。『満月と狼』ならぬ『満月と犬』の話でした。それではまた。

  • 診療案内
  • アクセスMAP
  • ピアス穴あけ
  • 男性型脱毛症
  • 各種予防接種
  • 花粉症治療
  • ED治療薬に
  • 美容点滴5種
  • ニンニク注射
  • プラセンタ注射
  • スタッフ紹介
  • 院長挨拶
  • カイロプラクティック
  • サプリメント
  • 院内コンサート
  • 院長からの情報発信箱
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • ボヌール
  • プラウド